友達からお土産で頂いたジャンポールエヴァンのチョコ🍫

ハートと花柄のカラフルなパッケージ、可愛くてキュン♡とする。

初めて口にしましたが、うっとりしちゃうくらい美味しくて、、
初めて高級チョコレートの虜に😍

海外のチョコレートってお酒の味や香料が強いものが多くあまり好んで食べることはなかったのですが、
ジャン=ポール・エヴァンのショコラは控えめで日本人の舌に合います!!

ジャン=ポール・エヴァン気になったので調べてみました。

1970年代にパティシエ、ショコラティエ、グラシエの資格を得るところからはじまり、
インターコンチネンタル・パリでパティシエとして働いた後、
ホテル・ル・ブリストル・パリ(パリで最も上品なホテルだそうです)を経て20半ば頃、
あの有名な、ジョエル・ロブションのもとで腕に磨きをかけて、シェフパティシエ昇格したそうです。
シェフパティシエとはパティシエ全体の総括、いわば最高責任者です。


ロブション氏との出会いにより、ジャン=ポール・エヴァンさんはパティスリーとショコラトリーにおいて8つ以上のタイトルを勝ち得た

その後日本へ!

 ・

1984年にフランス菓子の象徴であるリュシアン・ペルティエ氏というお方が
日本出店をジャン=ポール・エヴァン氏に託したそうです。
日本には1年ほど過ごし、クオリティとこだわりへ鋭い感性を得ることになった。

その後またフランスへ戻り色んな賞を受賞したようです。

1988年には自身初となるブティックをオープンして、
2002年に東京と広島にお店を開店しました。
今現在日本には12店舗もあります!

ありがたい!

エヴァン氏が『最も日本人らしさを持つフランス人パティシエ』と称され、日本人にも人気の高いブランドであるのだとか。

食べて納得しました。日本人の舌に合いますもん!

食べた人を虜にするその魔法のような味わいは、エヴァン氏のショコラへの深い愛情と、強いこだわりから生まれているのでしょう。

今現在も


卵やアーモンドなど使うすべての素材をチェックし、乳製品にいたっては、牛が草を食べる量によって牛乳やバターの味が変わることまで意識して季節によってその産地を変えるという徹底ぶり。
そこがおいしいショコラを生み出している最大の秘密なのであろう^_^
 しょっ中は食べられないけどたまに自分へのご褒美として買いに行きたいと思います🍫❤
マカロンも作られているようなので、マカロンをいただいてみたいな😋

ユズのガナッシュと唇の形したチョコ好きです💋

冷蔵庫に冷やし外カリッ中はとろけるような口どけのチョコレート❤

食べる度に幸せホルモンでます♪

勿体ないので1日1個か2個ずつゆっくり味わって楽しませていただきます

ジャン=ポール・エヴァンの公式ホームページはこちら

高級チョコでちょっと気になるもの書かせていただきます。

ピエールマルコリーニの『パレファン』

厚み4mmの中にキャラメルソースやガナッシュ
が閉じ込められてたパレファンとやら。
ガナッシュとキャラメルソース入ってるなら絶対美味しいやん!気になります!
ガナッシュとは熱した生クリームに溶けたチョコレートが合わさった生チョコのような柔らかいもの。チョコレートクリームのような柔らかさがあり口溶け良く私は好きです)

BVLGARI IL CIOCCOLATO チョコレートジェムズ

色とりどりの宝石のよう☆
ブランドロゴにやられた😁
食べるの勿体ないしお高いですがどんな味わいなのか興味あり!
これ貰ったら誰でもすごくテンション上がるんじゃないかな笑
だってBVLGARIですよ♡
ブルガリは迷うけど今度パレファン食べてみようかな♪